出版

「拡大本 金文 大盂鼎ほか」

共著「これだけは学びたい書の古典.1 楷書」

共著「これだけは学びたい書の古典.2 楷書」

共著「これだけは学びたい書の古典.3 楷書」

書道史研究

「書道」は、学問として探究しつつ、きさまざまな表現技法を駆使する「総合芸術」であると考えます。

由って、私は、「書」というものは書道史・字源などの文字学の知識を基に「文字」を扱う作業であるという基本姿勢基づき、「書」の源泉を求める「字源研究」や、志賀島で発見された「金印」等の「歴史研究」に努めてまいりました。

「天發神識碑の筆法と筆記具についての一考察」

金壺集 ―石田肇教授退休記念金石書学論叢―』に掲載

書展案内

【書宗院展】案内